スキンケア用品の栄養の太盛の肌は消化しません

発売日:2018-10-15 著者: クリックしてください

春が来て気温が上がり、生命力が騒々しい額、問題は様々な細菌がひっそりと成長し始めた。アメリカの権威のある研究機関は、「人々は平均して1日に383回の異なる物体を手で接触し、人々の両手で1000万個の細菌を持っている」と話していた。真相はいつもあまりに残酷です:私たちの大部分のMMの最もよく使われるスキンケア方式は手をつけることです;この1つは注意しないで、細菌はすぐ顔についた!!皮膚補水の保湿の目標はまだ実現していないで、アレルギー、ニキビ、その他の対応する皮膚の問題は早めに到着しました。春のスキンケアの問題は早急に解決する必要があります。

皮膚は人体の面積の最もうなされている器官で、多層構造によって構成され、皮膚の柔軟性と弾力を決めた膠原層は年齢を重ねるにつれて徐々に老化していく。活性化器は、専門的な手法を通じて皮膚に対して段階的な訓練をして、皮膚の血液循環を加速して、新陳代謝を強め、皮膚の膠原細胞の再生や修復を促進して、皮膚の自然の弾力性を回復してしわを除去したり、目袋や黒目を取り除きます。

「手敷」とは拝礼し、スキンケアにも黒科学技術を注文する

ずっと以来、MMたちのスキンケアの主なツールは両手で、手のひらの温度とマッサージでスキンケア用品を肌に浸透させます。妹たちはすべて心得があるべきで、手敷の時にスキンケア用品の栄養が大半を吸収されて、1足の小手は見るのが水柔らかいで、顔の上でどれだけ吸収したかは言いにくいです。次にコットンを化粧綿で濡らし、軽く顔につけます。しかし、乳液や精華など少し濃密なスキンケア製品も適用されません。無駄遣いしすぎて、誰が手を下ろすことができます。しかも、塗ることができないかもしれません。最も肝心なのは、前に言った交差点の汚染、感染、菌、病菌などの問題をもたらします。

携帯ローションは、私たちの両手とコットンの代わりに使っていますよ。外観から見ると、黒科学技術の高冷気質を持っていて、それを見ると、小編みの心がどつんとからめられてしまった。技術的に言えば、携帯ピーチは医療の霧化の原理を参考にして、電動の気圧を使って特許のノズルの技術に協力して、各種の水状のスキンケア製品を微米級の粒粒にすることができる。軽く噴き出すだけで、繊細なスキンケア分子は、肌の上に均一に噴き出して、毛穴を突き抜けて肌に直行し、効率的に吸収し、手が合わないと交差して汚染する問題を避けることができます。考えてみると少し心があるのではないかと思います:化粧台の上に千元の各種のスキンケア用品はもう心配しなくても無駄にすることはありません。小編はこっそり教えてあげます。一部のMMからのフィードバックによると、活肌器を使った後に、1本のさわやかな肌の水を2本として使うことができます。

妹たちはいずれも知っているが、朝晩の時点では水を補うだけでは足りないということを知っている。特にサラリーマンMMはほとんどの時間はエアコンの部屋、オフィス、屋外などの場所で、更に直ちに補水する必要があります。

MMたちは常にこのようなばつが悪いことが現れます:朝に家を出て気晴らしして、肌の水が潤いで、化粧をしている暇がないです。しかし、昼を過ぎると、Tゾーンは軽く油をかけて、化粧感が直線に下がってしまいます。

小編みにとって、より厳しいのは、飛行場の肌問題である。最初は精緻なメイクをしていて、気分がきれいに乗りますが、途中で皮膚がだんだん乾燥していて、その隣に彼氏が座っていて、心の底は焦っています。小編について研究してみたところ、機内の湿度はサハラ砂漠の1 / 3で、機内には空気の流れを調節するエアコンがあって、密閉空間ではないが、飛行高が上がるにつれて、機内の空気も避けられなくなり、3時間以上飛ぶと、肌の表面から水不足が見られる。

以上の情境の中で、ほとんどのMMがスプレー瓶を使った経験をしたことがあると思います。それはまるで「自滅」という意味で、噴出した液体は大粒の水玉で、肌の表面にざぶざって流れるようになり、メイクもついでに花が咲いていた。その後、宝の上ではナノ補水器が始まって、ある製品はまだ多機能で、噴霧は充電して宝になることができて、残念ながら、この製品は清水に対して霧化することしかできなくて、乾燥した気候の時に感じるほど噴き上がることができる……

それに比べて、携帯型スキン器の利点は非常に明らかになります:さわやかな水、柔らかい水分、収束水は精華の液体にしても、すべて1キーの霧化して、急速に浸透して、効率的に吸収して、清涼体感の効果を達成することができます。

オフィスやエアコン、飛行機の上にいても……想像できます。活肌器があって、水を補ってすぐに満足することができて、顔の10 - 20センチメートルから軽く噴き出して、便利でまた化粧しないでください。肌が水水になっているので、写真を撮ってもきれいにはなりません。あるMMは一度に多くの機器の噴頭部品を購入することさえできて、異なったスキンケア用品を入れて使用することができて、かなり便利で、小編はこれらの小さい機転のために称賛します。


この記事のURL: http://www.shdowson.com/jp/news/390.html

キーワード:

最近見た

関連商品

関連ニュース